アフィリエイターの方へ

Spread the love

アフィリエイターにとって検索エンジンは重要な集客ツールです。
SEO対策を考える場合、コンテンツを充実させて、HTMLタグの見直しを行なって内部対策を行うことは重要ですが、検索ボリュームの多いキーワードを対象にSEO対策を考えた場合、内部対策だけでは不十分です。
そこで、一歩上に行くために活用して頂けるのがオールドドメイン(中古ドメイン)です。

オールドドメインに対しては賛否両論があり、効果があるのか不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

オールドドメインを利用しても効果が出ない理由

オールドドメインの選定方法が分からない。

オールドドメインの活用方法が分からない。

オールドドメインの選定方法-基礎編-

下記4点をポイントに選定されることをおすすめします。

ドメインエイジ
ドメインエイジとは、ドメインの取得年数を指します。
ドメイン年数が1週間のサイトは、コンテンツ内容を充実させ、いくら被リンクを増やしても上位表示は容易ではありません。
SEO対策は最短でも取得から6ヵ月以上経過していることが望ましいと言われています。
運用歴が長いほど信用度が高いといえます。
イメージ
バックリンク(被リンクの数とドメイン分散)
ドメインの購入時に付いているバックリンク(被リンク)の数とそれらのサイトのドメイン分散数が重要です。
数が多くても、同じドメインからたくさんのリンクが張られていては意味がありません。
イメージ
バックリンク(被リンク)の質
いかにもバックリンク(被リンク)目的といった質の低いサイトからリンクされていては、そのドメインの質も低いと判断されてしまいます。
イメージ
過去の運用暦
馴染みのない外国語で運用されている。アダルトサイトであったなどは確認した方が良いでしょう。
イメージ
過去の運用を調べるにはこちら

オールドドメインの活用方法-基礎編-

下記3点をポイントに活用されることをおすすめします。

頻繁な更新
Googleはサイトの更新頻度を記憶していきます。頻繁に更新されていれば、頻繁に検索エンジンのインデックスも更新されて、即効性が高くなっていきます。
コンテンツの量
テキストや画像の量は、ユーザーに価値があると思わせられるだけの量は必要です。
2,3ページのサイトであれば、長期的には評価が下がり、ページランクの維持は難しくなります。
オリジナルのコンテンツ
他のサイトからのコピーペーストは厳禁です。質の高い独自コンテンツを掲載することで、質の良いサイトの評価されます。