バックリンク・ページランクが有効になっているオールドドメイン(中古ドメイン)をお届けします

シェールドメインについて

  • よくあるご質問

ログイン中は、チャットでもお問い合わせ いただけます。お気軽にお問い合わせください。

Follow me on twitter.

mixiページ

facebookいいね!お願いします

利用案内

シェールドメインは、「高付加価値のドメイン」にこだわり、意味のあるSEO対策を実現するためにGoogle Page Rank4を中心に合計100ドメイン以上を保有する、日本最大級の在庫数のオールドドメイン(中古ドメイン)販売サイトです。

月に新しく入荷するドメイン数は50~100点!豊富な在庫の中からお気に入りのドメインを見つけてください。

SEO対策を考える場合、コンテンツを充実させ、内部対策を行うことは重要です。
しかし、検索ボリュームの多いキーワードを対象にSEO対策を考えた場合、内部対策だけでは、
成果が出にくくなります。
そんなお悩みをお持ちの方には、ぜひオールドドメイン(中古ドメイン)を活用されることをおすすめします。

シェールドメインがおすすめする良質なオールドドメイン3つのポイント

高学歴→高いページランクGoogleが規定するウェブページの重要度を決定する値です。ページランクの高さに比例してSEOの成果が上がる傾向がみられます。 経験豊富→過去の運用暦 ドメインが運用されていた年数です。長い年月、運用されてきたドメインをオールドドメインと呼び、信頼度が高く自然なリンクも必然的に多くなります。そのためにページランクが高いものがあります。 人脈豊富→良質な被リンク 良質なリンクとは、リンクの元となっているサイトのコンテンツ充実度やオリジナリティ、リンク元とのテーマの関連性が高いなどの要素を備えたリンクのことです。

オールドドメイン(中古ドメイン)とは

オールドドメインは、その名の通り、古いドメイン(中古のドメイン)で、長く運用されてきた歴史のあるドメインのことです。 よくオールドドメインとは、期限切れドメインと言われていますが、シェールドメインでは、期限切れドメイン再取得ではなく、 ドメインが既に持っている資産をそのまま継承するために、有効期限内ドメインを買い付けて販売しております。

オールドドメイン(中古ドメイン)がなぜSEOに効果的なのでしょう

会社も新設会社よりも歴史のある会社の方が信頼度があるように、ドメインも運用歴の長さが重要です。
運用暦が長い分だけ、支持されて貼られたリンク(ナチュラルなリンク)が自然と増えて行きます。
すると、SEOを意識していなくてもGoogleから一定の評価(ページランク)を得ることができるのです。

ドメインの有効期限が切れてしまうと、誰でもそのドメイン名を使うことができるようになるので、
これまでコツコツと積み上げてきた運用暦がなくなってしまいます。
Googleが、その運用暦がなくなったことを認識してしまうと、これまでの資産(功績)はリセットされてしまいます。
しかし、有効期限切れで直後にそのドメインを取得し、新たな所有者が命を吹き込めば蘇生できることがありますが、
一度、有効期限が切れたという事実は変わりませんので、ドメイン年齢は0才からリスタートするのと同じとなります。
つまり潜在能力は秘めていますが、所詮0歳で、これまでに継承された(被リンクパワー等)資産を最大限に
活用できる力は 備えていないのです。そのため、シェールドメインは、有効期限切れのドメインは仕入れていません。

オールドドメイン(中古ドメイン)と新規ドメインの違い

ドメインとは分かりやすく言うと、インターネット上の住所+看板のようなものです。

オールドドメイン(中古ドメイン)

立地が良く、人通りの多い場所にあるお店(看板)。
質の良いオールドドメインは、長く繁盛していたお店の看板を引き継いでいるので、すぐに検索エンジンで目に留まります

メリット コンテンツを入れて基本的なSEO内部対策すれば、短期間で上位表示が可能
デメリット 新規ドメインよりも価格が高く、ドメイン名に特定のワードを入れるなどが難しい
新規ドメイン

取得段階ではGoogleなどの検索エンジンにも知られていない、一歩奥に入った立地のお店(看板)。
コツコツ時間をかけてコンテンツを魅力あるものにすれば、徐々に検索エンジンもユーザーをサイトに案内するようになります。

メリット 価格が安く、ドメイン名に特定のワードを入れるなどが簡単
デメリット コンテンツを入れても、すぐに検索エンジンで上位表示されない

オールドドメイン(中古ドメイン)の選び方

オールドドメイン(中古ドメイン)に対しては賛否両論があり、効果があるのか不安に思われる方も少なくないでしょう。
活用しやすい良いオールドドメイン(中古ドメイン)の選定方法をお教えします。
2010年にヤフーがGoogleの検索エンジンを採用しました。そのため、Google対策を怠ると、集客やブランド構築に悪影響があります。
会社の製品・サービスを効率的に広めるために、Googleの検索アルゴリズムを意識して対策を講じることが必要です。
しかし、Googleの検索アルゴリズムは、常に進化しています。

必見 Google検索結果に対して効果的なドメインとは

1 ドメイン年齢が古い エイジングフィルタを回避できる 過去の運用実績があるので一定の評価を既に持っている被リンク(リンク元)の質が高く、本数が多いページランクが高い クローラーの巡回が早く、検索結果への反映が早い リンク先のページランクが上がる

※ エイジングフィルタ(Aging filter)とは、Googleに初めて認識(クロール及びインデックス)されてから、
 一定期間(3~6ヶ月)を経過していないドメインが、検索結果の上位に表示されにくい現象を指めします。
※ページランクとは、Googleが独自の方法で各ウェブページを数値で評価したランクのことです。
 数値は0から10まであり、数値が大きいほどGoogleの評価が高いということになります。
※クローラーとは、検索エンジンが各ウェブページの情報を収集するために利用している自動巡回ロボットのことです。